えぴふぁの高級ホテル宿泊記

国内の高級ホテルを中心とした宿泊記

沖縄ハーバービューホテル コンフォートツイン 宿泊記

沖縄ハーバービューホテルの宿泊記です。

ゆいレール壺川駅から徒歩15分ほど、小高い丘の上にある本格的シティホテルです。

壺川駅からは徒歩圏内とはいえ急な坂道を登るのでキャリーケースなど大きな荷物があると少し大変かもしれません。

地図での直線距離では壺川駅からホテルまで近く見えますが、実際にはホテルエントランスまで回り込むかたちになるので想像以上に距離があると感じました。

ご家族やグループなら那覇空港から直接タクシーで向かうのもありでしょう。

沖縄ハーバービューホテル

立派な外観にホテルエントランス前のガジュマルの木が特徴的です。

以前はIHGホテル系のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューとして営業していましたが、2019年にIHGとの契約が終了して現在のホテル名に変わっています。

ホテルは1975年の開業と歴史があり、かつては天皇陛下もご宿泊されるなど沖縄を訪れるVIP御用達な格式高い老舗ホテルです。

ロビーにはカフェラウンジの他にセブンイレブンもあるので便利です。

大小の宴会場にフィットネスジムやガーデンプール(夏季営業)も備わるフルサービスホテルです。

スムーズにチェックインを済ませて客室へ。

7階コンフォートツインルーム(30㎡)

スタンダードなツインルームでファミリーやグループでの利用には最適。

シングルベットが2台、ひとりなら贅沢に。

窓が2面あるものの間にある柱が邪魔で、ソファで寛ぐと微妙にテレビが見えない。

テレビとデスク

冷蔵庫は空でミネラルウォーターのサービスは無し。

ANAホテル時代はIHG会員にのみサービスありましたが、最近はビジネスホテルでもミネラルウォーター無料サービスのところが多いだけにこれは残念ポイントです。

バスルーム

リニューアルされているのか、洗い場付きで使いやすいバスルーム。

シャワーの水圧が弱くいまいちでしたが、ファミリーには洗い場付きは便利でしょう。

7階客室からの夜景です。

目の前は中層マンション

周辺は住宅街になっています。

翌朝

ホテル名はハーバービューですが、客室から海は見えません。

朝食は地下1階ガーデンレストラン「プランタン」

中庭に面した半地下の広めのレストラン

オムレツを作ってくれるエッグステーションや定番メニューの他に、沖縄そばやチャンプルー、にんじんシリシリなどの沖縄料理も充実。

店内は空席も多く落ち着いた雰囲気だったものの、たまたま同じタイミングで入店したカップルと隣席になり、ちょっと気まずい雰囲気になってしまったため食後のコーヒーも飲まずにそそくさと退席。

ゆっくり朝食を楽しみたいところでしたけど、落ち着かずちょっと残念な時間になってしまいました。

隣席との座席間隔も狭く、お一人様とカップルやグループで座席を少し分けるなどの配慮があれば良かったかもですが…

チェックアウトは通常11時。

事前精算なのでルームキーを返却してホテルを後にします。

最初に述べたように最寄りのゆいレール壺川駅まで微妙な距離で坂道があるので、空港行きならタクシー利用がいいかもしれません。

沖縄ハーバービューホテル

那覇を代表する伝統ある本格的シティホテルながら比較的リーズナブルで、お部屋は広めなので車(レンタカー)を利用するファミリーやグループなら利用価値は高そうです。

ただ立地が微妙なので深夜到着、早朝出発の空港利用なら駅近のホテルが便利かなと思います。

ANAクラウンプラザホテル富山 デラックスツイン 宿泊記

ANAクラウンプラザホテル富山の宿泊記です。

JR富山駅から路面電車で6分の国際会議場前駅すぐ。富山城址公園の前にホテルがあります。

富山空港からだとリムジンバスでおよそ20分の総曲輪停留所が最寄り。

ANAクラウンプラザホテル富山

立派な車寄せのあるメインエントランス

富山国際会議場に隣接しており地上19階建ての富山を代表するシティホテルです。

フロントロビー

クリスマスツリーが飾られていました。

左手にフロント、右手は朝食会場になるレストラン。

少し手続きに時間を要したもののチェックインを済ませてお部屋へ。

エレベーターホール

客室階廊下

この日のお部屋です。

7階デラックスツインルーム(32㎡)

フロアのコーナーに位置する2面窓が備わるツインルームです。

2人でもゆったりとしたお部屋です。

大きめのデスクが備わります。

ミニバーはこちらに。

冷蔵庫は空でしたが無料のミネラルウォーターが2本ありました。

クローゼットのスリッパはペラペラタイプ、バスローブはありませんでした。

バスルームはユニットタイプ

狭くはないですが、洗い場付きや大浴場が備わるホテルに比べるとやはりマイナスポイントです。

7階のお部屋からの夜景です。

正面に富山城址公園のライトアップされた富山城が見えます。

大通りを直進した先がJR富山駅方面です。

正面に富山城が見れるお部屋は限られているようなので今回は比較的低層の7階でしたが当たり部屋でした。

こちらは大通りに面した窓

駅前に繋がる国道なので交通量も多く騒音はそれなりにあります。

翌朝は冬の北陸地方らしい生憎のどんよりとした曇り空です。

富山城址公園を臨みます。

朝食は1階レストラン「カフェ・イン・ザ・パーク」

こちらの朝食ブッフェは口コミや宿泊記でも評判が良かったので期待を持って向かいました。

明るい店内

メニューは定番のオムレツなどのたまご料理のほか、富山のおでんや蛍烏賊などの富山名物料理も多く充実。

ホールスタッフが手持ち無沙汰なのかふらふらしている感じでちょっと気になりましたが、混雑なくゆっくりと朝食が楽しめました。

チェックアウトは11時まで。

ホテル目の前の富山城跡公園を散策しつつホテルをあとにしました。

城跡公園から見えるANAクラウンプラザホテル富山

ANAクラウンプラザホテル富山

JR富山駅から少し離れているのでJR利用だと駅前のホテルに比べるとアクセスでは劣りますが、富山空港からだとリムジンバスで20分。

ホテル周辺は富山城址公園や総曲輪という繁華街エリアなのでお店も多く、観光には便利な立地とも言えます。

比較的ゆったりとしたお部屋に地元富山のメニューが並ぶレストランでの朝食ブッフェも好評。

空港からのアクセスが比較的良好なので飛行機利用なら富山市内でのビジネスや観光はもちろん、立山方面などへの観光拠点としても利用価値がありそうです。

ANAクラウンプラザホテルは全国どこに泊まってもサービスが安定していてレストランのレベルも高いので安心して利用できます。

富山での宿泊にANAクラウンプラザホテル富山はオススメです。

ホテル日航奈良 スタンダードダブル 宿泊記

ホテル日航奈良の宿泊記です。

ホテル日航奈良はJR奈良駅西口に直結の日航ホテルです。

奈良の中心市街地は奈良公園などがある近鉄奈良駅周辺になり、JR奈良駅とは徒歩10分ほど離れています。

近鉄電車や高速バスなどで奈良に来られる場合は少し気を付けるポイントです。

ホテル日航奈良

JR奈良駅西口からのホテルエントランス

エスカレーターでホテルフロント&ロビーの3階へ。

3階のホテルロビーにはクリスマスツリーが飾られていました。

奥のフロントでチェックイン。

フロントスタッフの対応は好感でした。

こちらのホテル日航奈良

以前には上皇様や皇室の方も利用されているホテルでその時の写真も飾られていました。

エレベーターでお部屋へ。

客室は6~10階ですがワンフロアの部屋数が多く、全部で300室超と奈良県内では最も規模の多いホテルです。

この日アサインされたのはエレベーターホールからかなり遠いお部屋でした。

この日のお部屋です。

スタンダードダブルルーム(23㎡)

シンプルなお部屋ですがひとりなら十分です。

窓際にチェアとティーテーブル

デスクとテレビ

無料のミネラルウォーター2本とネスプレッソマシンもありました。

クローゼット

スリッパは使い回しタイプ

バスルームは23㎡のお部屋にしてはかなりコンパクト

アメニティ類は予めセットされています。

なおホテル日航奈良には6階に大浴場があります。

日航ホテルに大浴場は珍しいですが、実はホテル日航奈良の前身は三井ガーデンホテルなのです。

館内は日航ホテルらしいゴージャス感よりもちょっとビジネスホテルっぽさが随所に残るのはそういう理由があります。

6階大浴場

午後から深夜までと朝風呂もやってますが、脱衣場や浴場はちょっとこじんまりしていて10人も入れないような感じでした。

それでも大浴場のあるホテルはホテル選びの大きなポイントのひとつです。

9階の客室からの夜景です。

奈良駅西口側から生駒市方面を望みます。

ホテル周辺がマンションなどの住宅地なためホテル客室窓の下部に目隠しフィルムが貼られていて眺望がやや遮られています。

駅前は中層マンションが多くこの付近ではホテル日航奈良が最も高い建物のようです。

翌日

お天気に恵まれました。

正面は生駒山でしょうか。

駅前なので交通量は比較的多い場所です。

朝食はロビー階レストラン「セリーナ」でブッフェ。

日曜朝でやや混雑していましたがすんなりとお席に案内してもらえました。

名物の柿の葉寿司に奈良漬け、高野梅干に小鉢などでご飯が進みます。

メニューも豊富で落ち着いた店内でゆっくりと奈良の朝ごはんが楽しめました。

チェックアウトは11時まで。

JR奈良駅はすぐ、近鉄奈良駅奈良公園には徒歩10分ほどなので荷物は預けてゆっくりお散歩しながら観光するのも良さそうです。

ホテル日航奈良

奈良観光には近鉄電車が便利な大阪難波や京都に宿泊する方も多いようですが、奈良のホテルでゆっくりするのも良いでしょう。

ゆったりしたお部屋に大浴場、充実したホテルレストランとホテル日航奈良は奈良観光や奈良での滞在におすすめできるJR奈良駅前のシティホテルです。

ホテル日航関西空港 ビジネスクラスシングル 宿泊記

ホテル日航関西空港の宿泊記です。

ホテル日航関西空港関西国際空港と同じ空港島にある日航のエアポートホテルです。

関空はリニューアルされて国内線はかなり端に追いやられてしまい出発ロビーから搭乗口は少々歩く必要がありました。

JRと南海の関西空港駅の奥の第2ターミナル行きバスが発着するエアロプラザにホテル日航関西空港があります。

関空ターミナルビルから徒歩3分ほど、関西空港駅からはすぐです。

ホテル日航関西空港

2階エアロプラザからのエントランス

フロントロビーは1階

前払いで支払いを済ませて客室へ。

客室フロアは空港のように北ウイングと南ウイングに分かれていて、今回は北ウイングのお部屋です。

この日のお部屋は北ウイング9階

ビジネスクラス シングルルーム(23㎡)」

シングルルームですが余裕がありひとりなら十分なお部屋です。

ベッドはセミダブル

マットレスエアウィーヴです。

窓際にデスクとチェア

日中は窓の向こうに滑走路と大阪湾の気持ちの良い景色が広がります。

テレビと隣にはバゲージスペース

ミネラルウォーターは1本無料ですが、ビジネスクラスルームでは冷蔵庫内のドリンクも無料サービスとのこと。

有り難くいただきます。

クローゼット

スリッパは使い回しタイプと上質なものがありました。

バスローブはありません。

バスルームです。

コンパクトなユニットバスです。

シャワーの水圧がちょっと弱かったです。

ミニボトルはタルゴジャポン

アメニティは一通り揃っています。

お部屋からの夜景です。

関空第2ターミナルと滑走路のランプが見えます。

対岸は大阪の街明かりも微かに

よく見るとライトアップされた明石海峡大橋も見えます。

滑走路から駐機場に向かう機体も見えます。

空港滑走路ビューとしては少し距離がありますが、ライトアップされた空港滑走路のランプは綺麗です。

翌朝

第2ターミナルの飛行機や離着陸する機体が見えます。

フェデックスFedEXの貨物機もいます。

着陸したJAL

朝食は2階オールデイダイニング「ザ ブラッスリー」でブッフェ

落ち着いた雰囲気の店内

和洋折衷メニューは豊富に揃っていました。

ビーフステーキにお好み焼き、ごはんのお供の小鉢、パンやデザートなど充実した内容でした。

朝からスパークリングワインもありました。

紀州有田みかん100%ジュース

わらび餅とみかん100%ジュース

おいしくいただきました。

場所柄海外のお客様が多かったですが、落ち着いた店内でゆっくりと朝食が楽しめました。

チェックアウトは12時までとゆっくり

エアポートホテルなので早めにチェックアウトされる方が多いのかもしれません。

フロントにカードキーを返却してチェックアウト

ロビーやレストラン前にはハロウィンの飾りがありました。

1階正面エントランスには車寄せがありました。

空港(第1)ターミナルや鉄道駅はすぐなので荷物が多くても移動は楽チンです。

空港ターミナルビルやエアロプラザ内には飲食店やコンビニもあるので便利です。

ホテル日航関西空港

関空利用時のフライトの前後泊がメイン利用かと思われますが、日航ホテルなのでお部屋も広めで見晴らしが良く朝食レストランも充実の内容。

空港ターミナルビルや鉄道駅からすぐの利便性の良さもあり、関空利用時にはおすすめなエアポートホテルです。

ホテル日航札幌 モデレートダブル 宿泊記

今回はホテル日航札幌の宿泊記です。

ホテル日航札幌はJR札幌駅に隣接する北海道最高峰の高さを誇る札幌のランドマークJRタワーの上層階に位置するホテルです。

JR札幌駅に隣接する立地はアクセス抜群で、駅前高層タワーホテルでありながら天然温泉も備わり高層階からの景色も良い札幌での人気ナンバーワンホテルです。

JR札幌駅南口側からは連絡通路を通ってアプローチ

こちらは車寄せのあるメインエントランス

フロントロビーは1階

チェックインの対応はスマートでしたが、客室へのアテンドはありません。

カードキーによるセキュリティのあるエレベーターで客室階へ。

客室は23階~34階と全室高層階、22階にスパ施設、35階が朝食会場にもなるレストランです。

エレベーターは6基あるものの少し待ちます。

ホールにはソファが備わります。

客室階廊下は落ち着いた雰囲気。

この日のお部屋です。

「29階モデレートダブルルーム(24㎡)」

日航ホテルのダブルルームとしてはスタンダードな客室でひとりなら十分な広さです。

ダブルベッドと窓側にソファ

デスクとテレビ

ミネラルウォーターは無料

軽食やドリンクのルームサービスの営業もありました。

ミニバーなど

クローゼットは窓際に

バスローブはありませんでした。

スリッパはふかふかのタオル生地で上質なもの。

バスルームはコンパクトながら洗い場付き。

バスアメニティはタルゴジャポン

必要なものは揃っています。

浴槽は広くなく男性だと足が伸ばせないぐらいです。

それでも洗い場付きバスルームは楽なのでやっぱり良いです。

22階にはスパ施設「プラウブラン」があります。

今回は時間の関係で利用しませんでしたが、駅前タワーホテルの上層階に天然温泉は魅力的です。

評判も高いので次回宿泊の際にはぜひ利用してみたいです。

JRタワーホテル日航札幌のいちばんの魅力は客室からの夜景です。

今回はすすきのなどの札幌中心部を望む「南」方面の客室でした。

すすきのの観覧車が見えますが、さっぽろテレビ塔はビルの陰に隠れてしまっています。

札幌駅周辺は高層ビルや高層マンションが建ち並ぶ様子がわかります。

奥には札幌郊外の街明かりが広がります。

夜景の綺麗なホテルは記念日の利用にもおすすめです。

翌朝

少し雲が広がりますが、景色の良いホテルだと気持ちも晴れやかです。

藻岩山などの山々を望みます。

札幌駅前は多くの通勤通学客が行き交います。

札幌ドームも確認できました。

朝食は最上階35階レストラン「SKY J」での和洋ブッフェor「丹頂」での海鮮丼和定食を選びます。

今回は「SKY J」でのブッフェを選択。

人気レストランなのでかなり混み合っていて少し待ちましたが、幸い窓側席にアサインしてもらえました。

手稲方面の西側を望みます。

JRの高架を走る列車に、北海道大学や札幌競馬場などの景色が広がります。

海鮮丼やジンギスカンスープカレーなどの北海道メニューが並びます。

パンやサラダ、デザートも豊富に揃っていてメニューはとても充実していました。

最上階からの景色を楽しみながら優雅な朝食となりました。

朝食はおひとり3,300円となかなかのお値段ですが、豊富なメニューに最上階からの眺望の良さでたいへん満足度の高いものでした。

個人的にもこれまでのホテル朝食のなかでもトップレベルの内容でしたから、日航札幌に宿泊の際にはぜひ朝食は食べてほしいです。

朝食後はお部屋でゆっくりしたらチェックアウトタイムに。

チェックアウトは通常11時まで。

カードキーを返却してホテルを後にします。

連絡通路から札幌駅には徒歩3分なのですぐに移動できてとても便利です。

JRタワーホテル日航札幌

高層階の客室や最上階レストランからの眺望が魅力的な利便性に優れた日航ホテル。

夜景も魅力的で記念日の利用にもおすすめできるハイクラスホテルです。

JR札幌駅に隣接する立地でその利便性の良さから札幌ナンバーワンホテルに君臨するホテル日航札幌ですが、北海道新幹線開業にあわせて再開発される新しい駅前タワーにはマリオット系高級ホテルが進出する話も出ています。

現在は価格もかなり強気な設定ですが、新しいホテルの開業で今後の動向にも注目です。

ANAクラウンプラザホテル福岡 宿泊記

今回はANAクラウンプラザホテル福岡の宿泊記です。

博多駅博多口から徒歩5分、住吉通りに面してホテルがあります。

同じ航空系でライバルのホテル日航福岡は博多駅地下街から直結なのに対して、こちらは微妙に離れているので雨の日はちょっと不便かも。

駅前通りなのでホテルエントランスの車寄せは広くありません。

ホテルエントランス

ANAクラウンプラザホテル福岡

スムーズにチェックインを済ませて客室へ。

支払いは前払いで。

エレベーターホール

客室階廊下

この日のお部屋です。

6階コーナークラブデラックスツインルーム(40㎡)

ゆったりとしたデラックスルームです。

窓を背にしてソファとテーブル

大きなスーツケースも余裕で広げられるスペースがあります。

しっかりとしたデスク

ANAクラウンプラザホテルオリジナルのスリープアドバンテージ(アイマスク、入浴剤、夜用ほうじ茶、朝用緑茶)

ポータブルテレビがありました。

ミニバーコーナーはこちらに。

無料のミネラルウォーター、ネスプレッソはクラブルームのサービスと思われます。

スティックタイプのコーヒーと緑茶、ティーカップとグラス

冷蔵庫中には有料ドリンクが入っていました。

ホテル館内には自動販売機はありませんが、ホテル周辺にコンビニは多数あります。

クローゼットにはアイロンセット、バスローブはクラブフロアのサービス。

バスルーム

広めのスペースがありますが、シャワーブースや洗い場はなくユニットタイプ。

1976年開業のホテルでリニューアルはされているものの水回りの部分の古さは否めません。

それでもメンテナンスや清掃はしっかりとされています。

アメニティは予めセットされていました。

クラブフロアは12,14階の上層階ですが、この日の客室はコーナーデラックスルームなので6階。

眼下は住吉通りで周辺はオフィスビルが建ち並びます。

西鉄バスがたくさん走ります。

交通量は多いのでそれなりの騒音はあります。

駅前のホテルなので上層階でも眺望が期待できるわけではなく、シングルなどの客室だと眺望が無いお部屋がほとんどだと思われます。

今回はクラブルームに宿泊なので2階のクラブラウンジを利用しました。

ややこじんまりとしたラウンジでしたが、スタッフの方の対応が好感でアルコールなどのドリンクとおつまみなどが提供されていました。

少しの時間でしたが落ち着いた大人な空間でアペリティフタイムを楽しみました。

ホテルのクラブラウンジはホテルによって規模やサービス、客層などが違い初めてだと落ち着かない場合もありますが、こちらは居心地がとても良かったです。

2階にはほかにメザニンバーと中華料理レストラン。

クラブラウンジやホテルバーは最上階にあることが多いですがこちらでは2階に。

最上階は日本料理レストランが入っています。

お部屋からの夜景

駅前通りは深夜でも交通量は多いです。

翌朝

早朝は駅前通りの人通りもまばら。

朝食は1階レストラン「オールデイダイニングCROWNE CAFE(クラウンカフェ)」

クラブフロア宿泊者もクラブラウンジではなくレストランでの朝食です。

明るい雰囲気で落ち着いた店内

メニューは定番のものから博多とんこつラーメンなどの福岡名物も並び、パンの種類も多くありました。

スタッフの方の対応もよく、早朝だったこともあり騒がしい客もおらず落ち着いてゆっくり朝食を楽しめました。

チェックアウトは通常11時まで。

すでに支払いは済ませているのでフロントにカードキーを返却してホテルを後にします。

ANAクラウンプラザホテル福岡

博多駅からほど近い安心のANAホテル。

今回はゆったりとしたクラブルームでラウンジも利用でき、スタッフの対応も好感で良い滞在になりました。

ANAクラウンプラザホテル福岡は1976年の開業、近年老朽化による建替えが決まっているとのことで、おそらく今回が最後の利用となります。

建替え後は新しいANAクラウンプラザホテルとなるのか、IHGグループのANAホテルの上位ブランドであるインターコンチネンタルホテルになるのか興味があります。

博多駅前の好立地で福岡空港もすぐなので観光にビジネスにたいへん便利な立地。

新しいホテルが次々と開業する福岡ですが、ANAホテルも建替えリニューアル後はどんなホテルになるのか今から楽しみで、その時はまた利用できたら良いなと思います。

ホテルJALシティ東京羽田 ダブルルーム宿泊記

今回はホテルJALシティ東京羽田の宿泊記です。

ホテルJALシティはオークラニッコーホテルグループのビジネスホテルです。

羽田空港に深夜便で到着時に利用しました。

羽田空港から京急線穴守稲荷駅から徒歩3分。

京急穴守稲荷駅やホテル周辺にはコンビニや飲食店多数。

環八通りに面してホテルがあります。

羽田空港からホテルシャトルバスも運行しています。

深夜の到着でも安心です。

ロビーエリアはそれなりに広め。

自動チェックイン機で手続きを済ませ客室へ。

JALのキャラクター「しろたん」もいました。

客室階廊下の床は空港をイメージしたカーペットに。

部屋番号のサインも飛行機のデザイン

この日の客室は10階

10階アドバンスフロア「スーペリアダブルルーム20㎡」

ソファとティーテーブルがありひとりなら充分な広さです。

小さめながらデスクもあり。

ミニバーなど。

ミネラルウォーターのサービスはありません。

シングルルームだと16㎡ぐらいなのでちょっと広く使いたい方はダブルルームの利用がおすすめ。

(20㎡なので二人だと狭いかな)

デスクとは別に化粧台

バスルーム

さすがにこじんまり

歯ブラシなどのアメニティはフロント前から各自取っていくスタイルでした。

客室からの夜景です。

羽田空港側、正面はクロネコヤマト羽田クロノゲート

空港方面へ環八通りが走ります。

ズームすると空港のランプと駐機する機体も小さく見えました。

翌朝

前回宿泊した京急EXホテル(環八通り手羽田空港寄り)が見えます。

朝食レストランに向かいます。

レストラン「HARUHORO」

 

カレーやうどんなどをいただきましたが、メニューはちょっと少なめ。

店内も狭めで外国人客が多く落ち着かなかった。

コーヒーは紙コップで提供、お箸も割り箸でお値段(安くはなかった)の割にはちょっと微妙…な朝食でした。

空港やコンビニなどで簡単に済ませても良いのかなとも思います。

チェックアウトは通常11時

空港利用者が多いので早めにチェックアウトする客が多いでしょう。

ホテルから空港へのシャトルバスがあるので大きな荷物がある場合は便利です。

羽田空港利用時には便利なホテルですがビジネスホテルなので客室は狭め、朝食レストランも正直イマイチ…

周辺のホテルのなかでは価格も比較的高め、とはいえ安心のJALグループのホテルでJALカード特約店なのでマイルが2倍。

羽田空港利用のJALユーザーには利用価値のあるホテルではないでしょうか。